医療脱毛VSサロン脱毛(回数)

医療脱毛VSサロン脱毛(回数)

「ムダ毛の処理から解放されたい」「自分で処理すると肌トラブルが起こる」という人におすすめは、プロの脱毛です。
プロの脱毛には、クリニックの医療脱毛とサロンの脱毛がありますが、回数に違いはあるのでしょうか。

 

まず、回数を比較する前に、クリニックの医療脱毛とサロンの脱毛の違いを比べる必要があります。
クリニックでは、医療従事者しか扱うことができない医療レーザー脱毛を採用しています。

 

医療レーザー脱毛は、毛に含まれるメラニンに反応するレーザーを照射することで、毛乳頭を破壊します。
毛乳頭を破壊すると、毛には再生力がなくなるので、毛が生えることがないと言われています。

 

そのため、医療脱毛は不再生脱毛とも呼ばれ、永久脱毛が可能です。
ただし、永久脱毛の定義は、「最後に脱毛施術を受けてから1ヶ月後の再生率が20%以下」とされているので、100%と言うわけではありません。

 

ですが、医療脱毛はこの定義を満たしているので、1度の施術でも高い脱毛効果を得ることができます。

 

一方、サロンの脱毛は、主に光やフラッシュと呼ばれる脱毛法を採用しています。
医療レーザー脱毛のように、毛乳頭の破壊を目的に行われますが、クリニックの脱毛器と比較すると出力量が弱いため、医療脱毛ほどの効果を得ることができません。

 

そのため、その効果は、抑毛や減毛というニュアンスを含む言葉でしか表現することしかできず、永久脱毛と謳うことは薬事法によって禁じられています。

 

抑毛や減毛の場合は、コース終了時には生えていなくても、数年経つと生えてくると言われています。
ただし、大きなエネルギーを肌に照射しなくてもいいので、痛みがほとんどないというメリットがあります。

 

また、1回の施術料金が安いので、若い人でも手軽に受けることができます。
このように、医療脱毛とサロン脱毛は施術効果に違いがあるため、回数に違いがあるのも当然です。
脱毛効果は部位によっても異なりますし、個人差もありますが、一般的には、医療脱毛が、5回〜8回で完了するのに対し、サロン脱毛では15回以上かかると言われています。

 

医療脱毛とサロン脱毛を比較した一例では、同じような毛質と肌質を持つ姉妹がクリニックとサロンで同時期に脱毛を開始したところ、6回受けた時点で、医療脱毛を受けた姉は、ワキとVラインは処理が必要ないくらいに減り、腕は産毛くらいに、そして足はまばらに生えている程度になりました。

 

一方、サロンに通った妹は全身脱毛プランで契約し、6回受けた時点で、減毛効果はあったものの、ムダ毛は目立つのでまだまだ処理が必要な状態でした。

 

以上のように、医療脱毛とサロン脱毛を比較すると、明らかに医療脱毛の方が短い期間で回数が少なくて済むと判断できます。
ですので、脱毛を受ける場所を決める際は、料金面だけで決めずに、総合的に判断するようにしましょう。

クレアクリニック医療脱毛!キャンペーン